2018年11月09日

一人で寝込む。


久しぶりに寝込みました。

昨日は会社をお休みして(最近休んでばっかりやな・・・)、病院に行き、
インフルが陰性であることは確認して、これまた山のような薬と共に
帰宅し、ただ寝るのみ。

P1040002 (2)-s.JPG

伽羅パパとみーが出勤、登園してしまうと、静かなものです。
寝ている時は、こんな風に、添い寝してくれたら伽羅も、もういない。

人の気配の無い、静かな家は、空気が止まっているみたい。

IMG_1872-s.JPG

伽羅ち、あなたの居ない家の中はほんと、静かなんだね。

IMG_1874-s.JPG

山のような薬で、いささか、胃が荒れておりますが、熱と鼻水は落ち着いたので、
今日1日、頑張って行ってきます。

一日一回クリッククリック。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
posted by 伽羅パパママみー at 04:58| Comment(3) | 日記

2018年11月08日

賑やかになったよ

PB080006-s.JPG

PB080005-s.JPG
伽羅ちゃん、お花がいっぱいになったよ。

伽羅ちゃんのためにお花が贈られてきました。
伽羅ちゃんを最後まで治療して頂いた病院と目の病院からです。
申し合わせたかのように昨日贈られてきました。

伽羅ちゃんは病院がとっても大好きで、病院に着くと早く降ろせと言って車のドアを開けると自分から降りて、尻尾をぶんぶん振りながら病院のカウンターに行ってカウンターに足をかけて看護師さんに挨拶をするような子でした。

昨日お礼の電話をしたのですが、看護師さんは泣いて対応してくれました。

伽羅ちゃんが居なくなってもう一週間たちましたが、伽羅ちゃんがみんなに愛されていたんだなぁと実感したパパでした。
伽羅ちゃん、お花がたくさんになったから寝てる間で良いので見に来てね。

一日一回クリッククリック。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

posted by 伽羅パパママみー at 07:26| Comment(0) | 日記

2018年11月07日

知っていたの?


会社で仕事中は良いのですが、気を緩めると、泣けてしまう。
特に夕食時。
いつかは泣かずに1日が終了できる日がやってくるのでしょうが、
まだ終わりが見えないとしか言いようがないですね。

今、考えると、伽羅は、多分、空に帰る日が近い事を知っていたんじゃないかと。
食欲がイマイチだった10/28、散歩も家の周りだけという事が多かったのですが、
この日は、自分の足で、アーサーのいる散髪屋さんまで歩いて行きました。

この日は、散髪屋さんの、息子さんも帰ってきていて、会うことが出来、たくさん
可愛がって貰いました。
暫く、時間を過ごして、”そろそろ帰ろうか?”と聞くと、横になったまま動かない。
散髪屋さんの、”暫く、うちで時間を過ごして良いよ。昼食食べたら、また迎えにおいで”の
言葉で、我が家は一旦、家に戻り、数時間後に、迎えに行くことに。

散髪屋さんの廊下で、フセしていた伽羅は、ニコニコ笑って、”迎えに来たね”と
言っていました。
散髪屋さんは営業中なので、廊下で、お店の様子などを眺めていたらしいです。

2回目に迎えに行ったときは、納得していたのか、スッと立ち上がり、帰りました。
足取りもしっかりしていて、歩けない場合を思い、カートを持って行ったけれど、乗ることも無く。
だからみーが乗っています。

ブログIMG_2288-s-20181107こぴ.JPG

夕刻には、たっくんファミリーが来てくれたので、その時も伽羅は、とっても
嬉しそうに、自分の足で挨拶に行っていました。

伽羅が亡くなる当日の夜明けには、伽羅は、私の実家にも挨拶に行っていたそうです。
実家の母は、虫の知らせはあったけれど、私達に言うことは出来なかったと、後になって
教えてくれました。

伽羅は、自分でちゃんとお別れをして、用意をしていたんだなぁと話を聞いて
思います。

ここ数ヶ月は、出張が多かった私ですが、出張が入らない時に、家族が皆揃った所で
動物病院の先生や看護師さんにも見守られながら、その時を迎えられた事を思うと、
とても有難かったなと。

もうみーは、全く泣いていないので、”寂しくないの?”と聞いたら、”寂しいよ”の
あっさり返答。”悲しくないの?”と聞くと、”悲しいとはちょっと違うな。寂しい、
けれど、悲しくは無い。”との事。

”どうして?”と聞くと、”だって神様になったんだよ?神様になる事を、悲しく
思うのはちょっと違う。子供は分かる。そしてあんまり泣いてばかりいると、”違うよね”
って言われるの。”
”じゃ、ママも泣いてばかりだと怒られちゃうね”と言うと、”大人は、もう少し
泣いて時間を過ごしていいよ。忘れちゃってるでしょ。だから大人にはもう少し
泣いていい時間が与えられているの。”と背中をトントンされながら慰められました。

6歳児に諭され、全く立場逆転です。

ただ、ここ数日、夜中の3時頃にいつも、目が覚め、伽羅が隣にいる感覚があります。
昨日は初7日だったのですが、多分、側に居てくれると、思っています。

一日一回クリッククリック。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
posted by 伽羅パパママみー at 06:01| Comment(2) | 日記